• ホーム
  • Mi3について
  • 理事長メッセージ
  • 組織概要
  • ミッション・行動指針
  • アクセス
  • ニュース&イベント
  • 活動案内
  • 出版物
Mi3について

HOME > Mi3について > 理事長メッセージ

理事長メッセージ
 日本が世界に誇る社会基盤の一つに健康・医療があり、その成果は比較的低い支出のもと世界一の長寿や乳幼児の死亡率世界最低を成し遂げています。 しかし社会の医療・健康需要が急速に変化する中、求められるサービスや製品の供給が不足し社会問題になりつつあります。

 医療・健康ソリューションには人材の養成、制度の適正化などがありますが、ソリューションを提供する手段としての医薬品・医療機器をはじめとした製品・ サービスの供給体制がカギを握っていると考えられています。日本には医療・健康を支える要素技術や先進科学技術が豊富に存在しており、 世界をリードする底力に疑う余地はない一方、医療の特性である複雑な関係者との利害調整や社会システムの設計には世界に一歩後れを取り、 産業としての実力が発揮されないままでいます。翻って世界の主要国はこぞって医療・健康を出口とした産業育成に産官学の総力を挙げており、 激しい国際競争に突入しています。

 どうあるべきかのVisionの議論や学術的基盤の整備の重要性もさることながら、 現在実業として実現するために障害となっている課題の整理・除去、サステイナブルなビジネスモデルの提案、 経営資源の調達など、明日のトランザクションの道筋作りを具体的に議論・実行するグループの存在は有意義との ご意見を各方面からいただきました。
 複雑・難問系産業の代表である医療産業には、一企業、一団体単独では対処しきれない問題が内在しています。 産官学医民のそれぞれのリーダーが知恵を出し合い環境整備を推進することによって、 世界の叡智・経営資源が日本に集積し日本が世界の一大医療産業拠点として発展することを目標としております。

ご賛同いただける団体・個人様のご参加をお願いします。
理事長 木村 廣道